胃のかたち
上田信治による俳句研究。
200511<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200512
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
季語は、やっぱりルール
季語は、やっぱりルールだと思うんだけどな。

過去記事
季語と複雑 
生存報告2のコメント欄
生存報告3およびコメント欄
ここのコメント欄 
「『俳句年鑑2009年版』を読む」

『週刊俳句』に『豈』から転載された小野裕三さんの記事のことなんですけどね。

しかし、少なくとも僕個人の所感としては、結局俳句は「季語」「定型」がなくては成立しない。これは最近あちらこちらで書いているのだが、季語はルールではない、というのが僕の主張である。その趣旨は、ルールとして墨守すべきものでもないが、逆にルールとして反発すべきものでもないという意味だ。

季語は、俳句にとって現時点で考えうる最大かつ最良の詩嚢であって、それを単なるルールと捉えてしまうとかえってその本質を見失う。そして季語がそのようなものである以上、それを「必要ない」と考えるのはあまりにも実際的ではない。また定型についても、自由律の良さは定型があってこそ発揮されるという意味で、これも俳句にとって必要なものだ。(小野裕三「はっきり言いますが、世の中的には「前衛」は死語です。」週刊俳句95号


でも、小野さんの言う「詩嚢」であることと、「ルール」であることって、両立しないだろうか。

ふつうに考えたら、ぜんぜん両立する。「ルール」であることは、俳句総体を外側から見る視点から、「詩嚢」であることは、これから新しい一句を書く作者としての視点から、出てくる言い方で、位相が異なるものの見方が、両立しない理由って、あまり思いつかない。

小野さんの言う「墨守」も「反発」も、書く人間の態度、というか感情の問題でしょう。たぶん、ご自身は書くときに、どうしても「ルールとは思えない」っていうことなんでしょうね。

自分は、季語が「詩嚢」であっても、何であってもかまわないんですが、逆に、季語を「ルールではない」と思うことは出来ないんです。

季語は、歴史的偶然によって形成されたものだから。

たとえば、ネクタイというのは、歴史的にああいう形になっているものでしょう。現時点でのネクタイの有用性とか、存在の必然性を言うことは自由ですけど、あのひし形に歴史的偶然以外の根拠を見出すことは、単純に、錯誤か欺瞞だと思うんだよなあ。

それは、ネクタイを外側から見る立場でも、自分がしめる立場でも同じことです。

つまり、ただ昔から決まっている、と。もちろん、締めるも締めないも自由です。

ところで、「季語と複雑」で「季語という独立部分があることは、俳句という「文」の統辞を、ひどく複雑にする」と書きましたけど、いま考えると、季語が俳句を複雑にするというよりは、読者の「読み」が複雑になっているんですね。

そのリテラシーの蓄積こそが、俳句の正体なんですよ、きっと。
スポンサーサイト
田中裕明の「古典」ふう
田中裕明には、虚構性の強い「古典」ふうの句が何句かあり、いずれも代表作として名高い。


 夕東風につれだちてくる佛師達   『花間一壺』
 たはぶれに美僧をつれて雪解野は  『櫻姫譚』


蕪村を連想させるこれらの句に先行するものとして、第一句集より、やはり初期の代表作とされる、こんな句をあげてみたい。


 大学も葵祭のきのふけふ   『山信』


この句は、ぱっと見「フィクション俳句」ではないのだが。

「作者よりも二十年ほど前の学生であった私の実感からすると、葵祭がこのように大学の雰囲気に影響したことはなかったと思う。」(清水哲男→「増殖する俳句歳時記」)。

ということなので、この「大学」は、平安時代の貴族の子弟が学ぶ「大学寮」や「大学別曹」のこととして読んでもいいのかもしれない。それなら、葵祭の話で持ちきりでもおかしくないから。

しかし、とはいえ。
句の現場はいまを離れていないと考えたほうが、読みが豊かになるような気もする。

つまり作者が「大学も」と書きだしたとき、意識の中で、現代の京都大学と、平安時代の「大学」が、そして、今と昔の「きのふけふ」が、重なりあった、と。


 京へつくまでに暮れけりあやめぐさ 『櫻姫譚』


徒歩が移動手段であった時代の、旅の感慨というふうに、まず読める。

しかし、森賀まりさんによって「水涸れて天才少女とはかなし」が書かれたときのエピソードが、有名になってみると。夕刻、車か電車で「京都」に向っている作者が「京へつくまでに暮れけり…か…季語、何や」なんて、つぶやいて出来た句であるとしか思えない。

これらの句に使われているひとつひとつの言葉に、昔と今が、二重露光のように重なりあって見える。

裕明自身が、そんな目を持って生きた人だった……と書いたら、それはきれいにまとめすぎかもしれないが、もともと古典の世界に遊ぶということが、今を生きる「とまどい」に裏打ちされていないはずはないのだ。






ところで、上の「水涸れて」の、リンク先の読売の記事の気になったところ。
>生死の左右される病気を患ったとき、俳人はなぜ「俳句の神に愛されて」と詠んだのか。

「神に愛された者は夭折する」って、ごくふつうに言う成句ですよね?
かたつむり
かたつむり甲斐も信濃も雨の中 飯田龍太



この句が、龍太で一番好きだと言ったら、
さる俳人に「雨で、かたつむりで?」と言われた。(つきすぎでしょうの意)

......。
むしろ「かたつむり」と「雨」は一体であり、
そのなかに「甲斐」と「信濃」という抽象が浮かんでいる。
これは、そういう句なのではないかと思った。

「かたつむり」の位置に別のもの、たとえば植物などがあったとしたら、
まず句中にその植物を見ている視点が生まれ、
風景全体が、その視点から見た構図におさまってしまう。

つまり絵葉書めく。

この句によって得られる経験とは、
「かたつむり」と一体化し「雨」と一体化することで、

小(身体)→中(概念)→大(   )

と、ぐわわわわーと空間がひろがっていく感覚である。

その同心円状の小宇宙は、まさに
「雨」の真ん真ん中に「かたつむり」がいることで生まれている。

と、これだけ考えて(すでに感じていたことを自分に説明して)、
「つきすぎ」ていて、よいのだと納得した次第。

ふー。
『en-taxi 2007夏号』
6月の末に出た『en-taxi 2007夏号』(太田出版)、たぶんまだ本屋にあると思います。

毎号やってる「角川句会手帖」、角川春樹さんが出所したのをきっかけに始った、誌上句会ですが、今回のゲストは、菊池成孔さん。
面白い句がありましたよ。

 空爆のニュースに流してみろヴォサノヴァ  菊池成孔
 君の尻ソーテルヌこぼれぬように      〃
 蝸牛脚の切り傷道の終わり         〃
 ゆっくりとゼラニウムが咲くような演奏   〃
 胃袋は実在してをりこどもの日       寸

三鬼をねたにした特集「2007夏・神戸バビロン幻影」。福田和也さんほかご一行が神戸を徘徊しつつ、業俳としての三鬼の生活をスケッチする「神の糞」という小文。
ご一行の顔つき、索漠とした取材写真、食いものの豪勢さ、と見どころ。

あと、佐藤優が紹介する、若き日のアドルノ(「アウシュヴィッツの後で、叙事詩を作ることは野蛮である」)と、指導教授である神学者ティリッヒのエピソード。

「晦渋で難解な文体で書かれたその論文を読んだとき、ティリッヒはその著者(アドルノ)にむかって「私には一言もわからないが、この論文はすばらしい」と言ったという。(…)アドルノが緊急の知らせで、彼の午睡を中断させた折にも、彼はこれと似たことを言った。「ところで、一体何が起こった」とティリッヒは身を起こし、青年を見据えながらいった。アドルノは興奮して、せきこみながら「私はちょうどユーモアの意味を発見しました。ユーモアというのは再度見た希望です」といった。ティリッヒの答えは、当然ながら「君の言っていることは一言もわからない」というものであった」


今号は俳句的にお得でした。
ウォーミングアップとして
ひさびさの更新です。

ウォーミングアップとして、しょぼい突っこみをひとつ。

文春新書『俳句鑑賞450番勝負』中村裕著

p181〈蝿飛んでくるや箪笥の角よけて〉の項
「この作家(京極杞陽)は、日常何気なく見過ごしていることに、俳句的まなざしをむける名手といっていい。
「食卓の鉄砲百合は素っぽをむく」「木葉髪あはれゲーリークーパーも」「サングラスかけて俳人とぼとぼと」等々」





あの、「鉄砲百合」の句、って加倉井秋をなんですけど!!!!涙

中村っていう人、挙げてる杞陽の句はぜんぜん「日常」じゃないし、秋をの師匠の風生のことも「現代俳句のもっとも保守的な部分を体現した」(p21)とか書いてるし(そうですかねえ)、なんか、単にってかんじ。
澤7月号「特集・二十代三十代の俳人」
今週の『週刊俳句』の後記に、『俳句研究』の休刊に思うことを、すこし書きました。
「いまの総合誌という形ではなくなったとしても、俳句の現在を可視化するなんらかの装置にあって欲しい」とか、なんとか。

ちょうど、その後記を書いていた日に、届いたのが『澤』の七周年記念号「特集・二十代三十代の俳人」。もう毎年の名物になりつつある、分厚い特別編集版です。
それは、まさしく「俳句の現在を可視化する」ものでした。

後記を書いていたときに頭にあったのは、それこそ「俳句2.0」的な、現場報告の集合体のようなものだったので、結社からこういう発信があることは、おどろきでした。

結社が、状況全体を引き受ける意志をもっている。それはユニークなことでしょうが、希望でもあります。

若手作家13人(今泉康弘・山根真矢・高山れおな・杉浦圭祐・牛田修嗣・田中亜美・立村霜衣・大高翔・冨田拓也・村上鞆彦・高柳克弘・神野紗希)の自選50句。うち10人から寄せられた文章。
『澤』の、同年代の作家9人(押野裕・森野こと・榮猿丸・野崎海芋・山口珠央・相子智恵・森下秋露・池田瑠那・三宅麻子)の自選20句。うち5人から寄せられた文章。

『澤』の相子智恵さんの文章から引きましょう。

そして、現代はと言えば、大きな存在の俳人は次々と逝去し、読者の不在が嘆かれ、結社という制度の魅力が薄まり、文化的なコンセンサスや思想をもたず、季語と自然が失われているという時代だ。こんなにも大きな壁の崩壊は、抵抗の手に負えない。だったら一旦、それを受容するしかないではないか。(…)そこで個人が小さなサバイバルとしての創造を、自分の好きな俳句を、ただ続けるのみである。


澤俳句会 sawamail@sawahaiku.com

メールで申し込めば、振替用紙が入ってくる。1200円ですけど、原価は、その4倍くらいいっているらしい。(※未確認情報)
繰り返しになりますが、ここには、俳句の現在を見渡そうという意志がある。しかも、今、不見転で申し込まないと、けっして手に入らないです。

買って損無し。
推敲
前々回のエントリでとりあげた、小澤實さんの50句ですが、『俳句界』からひと月遅れの主宰誌『澤』で、前半31句が再録されています。
そして、そのうち、13句の形がかわっています。

句の手直しのあとを検証するということに、パパラッチ的な趣味の悪さを感じて、いままで遠慮していたのですが、
作者が、何を否とし何を可としたのか、とりわけ俳句のフォルムについて、どう感覚されているかを知りたい、
という誘惑に勝てず、句姿が変化している句を、比較のために並べてみました。

上が、『俳句界 2007/5月号』掲載、下が『澤 2007/6月号』掲載です。


   自動車教習所の踏切や秋の暮
   自動車教習所の踏切やあきのくれ

※「あきのくれ」とひらがなにすることで、景の抽象性が高まったというか、
教習所と、あきのくれが別次元のものであるとことが強調されたような気がします。
単に漢字を減らしただけかもしれませんが。

   週刊誌丸め握るや鳳仙花
   週刊誌丸め握りや鳳仙花

※『澤 2007/4月号』には〈秋桜の食み出し咲きや葱畑〉という句がありました。
「動詞の名詞化+や」。同じ号に〈おでん鍋はんぺん浮くや沈めても〉という句もあり、「動詞+や」がNGということではないようですが、
動きがテーマでないのなら、「名詞化」してしまったほうが、凝集力が強くなる、ということでしょうか。
〈握りぬ〉→〈握るや〉→〈握りや〉の順で、切れが強くなる、という印象もあります。〈ソーセージころがし焼きや花木槿〉

   やまめの身朱の点さだか煮たれども
   やまめの身朱の点しるし煮たれども

※この変化は、むずかしいです。「さだか」と「しるし」の、音韻をふくめてのニュアンスの違い、
「しるし」と活用語でうけたほうが、上五中七のつながりが密になる、といった印象はあるのですが。

   君も飲め柳散りある宗祇水
   柳散る宗祇水なり君も飲め

※「散る」がいっしゅん終止形に見えて三段切れっぽくなるので、凝集力という意味では、先型のほうが勝っている気もするのですが、
「散りある」という言い方の「動きのなさ」が解消されて、改稿後のかたちのほうが、「宗祇水」が美味しそうになっています。

   長汀の白はるかまで冬の暮
   長汀のはるかまで白冬のくれ

※切れの位置のあいまいさが(というほどのあいまいさではないのですが)解消されています。
また「はるかまで白」と、答えをうしろで言ってもらった方が、視線が遠くまでいくような気がします。
さらに言えば「くれ」というほうが遠くの方が暮れているかんじ?

   末枯や擦傷の佳き腕時計
   末枯や座するにはづし腕時計

※これは、別の句ですね。

   防弾チョッキ下にネクタイ巡査秋
   防弾チョッキに紺ネクタイや巡査秋

※「下に」が説明的だったのか、上五中七をしっかり固めて、その下できっちり切ることが必要だったのか。
どちらにしても上が切れたことで「巡査秋」の、ぶつかり具合がより、強くなった気がします。
…これは、前の形も、好きだったなあ。

   原稿の屑燃やしたる暖炉かな
   原稿の屑燃やしある暖炉かな(前書「伊丹に田辺聖子さんをたづぬ」)

※前書の状況なら、あとの形でしかありえないのですが、なんで『俳句界』では、前書つかなかったんだろ。

   人形の正面はるか見る寒さ
   人形の正面見やる寒さかな

※「はるか」は「長汀」の句もあるし、ということでしょうか。
前の形の不安定さが、好きだったのですが、でも「人形」に「はるか」で、詩っぽく甘くなることを、嫌気されたのかもしれません。

   鰭酒の炎淡しやほとんど無し
   鰭酒の炎あはしや消えである

※これは、甲乙つけがたい二形であると思われるのですが、どうでしょう。
〈ほとんど無し〉という言い方は、たしかに潔くないのかもしれませんが、〈消えである〉は〈炎あはし〉の繰り返しのようにも思われ。
〈消えである〉には、小さな幅の時間がしのびこんでいる面白さがありますが、〈ほとんど無し〉のぶったぎりのような認識も、そうとう面白いです。

   紅葉冷像の芯までとどきけり
   むすびたるくちびる勁し紅葉冷

※これも、別の句。

   冬服や岩大いなる河原行く
   冬服や河原岩々おほいなる

※「行く」が、不要の動詞という判断でしょうか、冬服は、ただ点景としていてくれればいいという。
いや、ともかく「河原岩々」という言い方は、なににも替えがたいほど面白いです。

   天蚕の繭をもぎたり枯の中
   枯木立天蚕の繭をもぎにけり

※別の句です。

以上です。
雪我狂流「魚のやうに」を読む
「魚のやうに」10句(「週刊俳句第7号 2007/6/10」掲載

ある種の彫刻家、アルプとか、ポンポンとか、ブランクーシとかは、つるつる、ぷるぷるした、なめらかで、なまめかしい、口に入れてなめ回したくなるような、かたちばかり、作った。狂流さんの俳句からは、たとえば、そんな彫刻のような、ぷるるんとして、ぬるるんとする、ことばの、さわりごこちが入ってくる。

  対岸に人の落ちてる日永かな

ヒトノオチテル、と口語で言いつなぐところが「なめらか」で、ヒナガカナ、と留めるところが「ぷるん」。

  袖口は濡れて桜は葉となりぬ
  蝶の昼砂糖が水に溶けてゆく
  ひつぱれば伸びる輪ゴムの立夏かな

息をつがずに、いそがずに、空中にわっかを描くように、ふわふわわんと、投げられたようなことば。

  天麩羅にソースをかけた薄暑かな

ここで、はっとして、天麩羅にソース、わざとかな、人参の精進揚げなら、ソースありだな、とか思う。そして、紫陽花の茎はしなるだろうか、とか、サイダーの二人だったのだ、とか、十分に作者の企みにひっかかりつつ、シナリテイルヤウナ(ここは「ヤウナ」と読みたい)、フタリニナリシコオリカナ、と、また口の楽しみを味わって、

  湖は平らなところボート浮く

と、しずかな、しずかな(運動の予感を孕んでいるからしずかな)景で、トメ。

これら、ことばのどこにも、むりをかけない、なめらかな表現から、彫刻家の仕事、それも、空間にいきもの的形態(もともとポンポンは動物専門ですが)を「ひりだす」ような仕事を連想したのは、きっと、狂流さんの書くことばが、いきもののようにつるんと完結していて、「言った」というより、「生えた」ような姿をしているからでしょう。

  三月や子供はみんな象が好き (「句誌 月天」第八号/2005 所収)

HANS ARP Aquatique (Aquatic) 1953
B68371747DB350CF6170.jpg

俳句界5月号 小澤實特別作品50句「巨人」
「俳句界」の先々月号に載った小澤實さんの50句。

  セイタカアワダチサウ秋草に入るや否や  

一句目。カタカナ表記される植物名、つまり俳句的情緒外の「名」なんですけど、「サウ」と旧かな表記になるところが、脳がカユイ。

  自動車教習所の踏切や秋の暮

二句目です。自動車教習所の踏切ですよ。鉄道抜き、自然抜き=情緒抜きの異界とも言える空間に「秋の暮」=俳句的情緒をしたたらせてみる。

  きんぴらの胡麻粒ふまへ精霊よ

四句目。立たせましたねえ、また、立ちにくそうなところに。この精霊は、ひょっとしたら精霊(ジン)というやつかもしれません。

  防弾チョッキ下にネクタイ巡査秋

十九句目。同じ作者の「酒飲んで椅子からころげ落ちて秋」の「秋」と比べてみると、椅子から落ちた酔客の心情と秋は、響きあっていたわけですが、巡査と秋は、ぷつんと切れて、でも同じ空間に「在る」。これが「寒」だったら、全体が包まれちゃうんですけど。巡査は秋と関わりなく、話者も、へんなことが気になっていて秋を忘れている。かたっぽの腕がながーいやじろべえみたいな、十五音と二音の拮抗。

  人形の正面はるか見る寒さ

二十一句目。「正面「はるか」「見る」と、言葉をつないだかたちが、前にすーっとのびた視線と平仄があっていて、寒い。

  鰭酒の炎淡しやほとんど無し

二十三句目。基本かっこいい写生なんですけど、「ほとんど無し」と口語まじりの言いつづめが、酔ってない。クールです。

  ピンクのうさぎ腹の鋼の箱冷ゆる
  立ち上がり巨人去りゆく枯野かな
  春の暮カニクヒザルもイソガニも

三十七句目。
四十四句目。
五十句目。

心なしか、「俳句」や「俳句研究」の作品よりも、あばれんぼうぶりが、際だっていたような気がします。

漫画家であり、漫画評論の書き手でもあるいしかわじゅんの創見に、本質的に新しい作品を生むことが二番手誌の役割だ、という指摘があります。「漫画アクション」から「花の応援団」が、「漫画サンデー」から「まんだら屋の良太」が、生まれたように。「俳句界」には、栄えあるB級雑誌をめざしてほしいな、と。
新人賞のシーズン
5月31日、角川俳句賞応募〆切。
6月30日、俳句研究賞応募〆切。

角川のほうは、web上に応募規定が発表されていて、雑誌等の同規定にない一文が、加わっている。

●50句中に既発表の作品があれば無効となります。
(既発表作品には新聞、雑誌、結社誌、同人誌、句会報のほか、ホームページ、ブログ等に掲載された作品も含みます。)

( )内がつけ加えられた一文。これ、たしか、去年は、なかったです。
募集は「未発表50句」。インターネットのひろがりとともに、「未発表」「発表」の定義が、あらためて問題になっているようで、webでの公開も「発表」に含めますのだ、という気持ちは伝わってくるのですが、じゃあその「等」とは、どこまでか、メーリングリストは、BBSは、と話はびみょーになっていく。

もうひとつ。
昔、編集部に問い合わせた人がいて、「厳密に言えば、句会で人目にふれた句も望ましくない」と返答されたと、どこかで(たしかどこかの掲示板で)読みました。真偽のほどは、確かめられませんが、もし、ほんとなら、それも、えーーー?って思うでしょ。だって、黙ってればOKというようなゾーンがあるというのは、モラル的に残念なルールなわけですから。

これ「不特定の読者の閲覧が可能なかたちで、公表されたもの」を発表と見なす、と決めればいい、と思うんですけどね。

この基準で行くと。
句会に出すのはセーフ。句会報も、コピーを綴じたような、メンバーにのみ配布されるものならセーフ。同人誌は、どんなに部数が少なくても、メンバーのみでも、アウトです。(「常識として、句会で出された句を、本人の承諾無しで引用してはいけない」=公表ではない、というあたりで線を引いています。句が、公になるというのは、無断で引用していい状態におく、ということではないかと)

「先生」に見せて選を受けるのも、セーフ(やや、モラル的に残念ですが)。
仲間同士で見せあうのも、セーフ。

ホームページ、ブログ、BBSは(じっさいには特定のメンバーにしか、閲覧されないものも多いと思いますが)基本アウト。微妙なのは、BBS上で行なわれる句会の句ですが、不特定多数に閲覧可能という意味で、アウトとも言えるし、作者本人に公表という意識がなければ、ぎりぎりセーフにしてもいいような気も……。閲覧キーの必要な、クローズドな場所なら、問題なくセーフ。
ミクシは「友人まで公開」「コミュニティメンバーのみに公開」のページならセーフでしょうね。

とはいえ、最終的には、運営側の判断が「絶対」なので、↑真に受けないでください。

あと、今回の規定がなされる以前の応募作について、ルール違反を問う意図はありません。
だって、規定があいまいだったんだもの。

では、みなさま、ご健吟を。

「週刊俳句」もよろしく。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。