胃のかたち
上田信治による俳句研究。
200601<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>200603
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
写真と俳句
その1
トークイベントのようなもので、佐内正史が自分の写真について、珍しく、長く話しているのを聞いたことがある。
マンガ家のさそうあきらが「この写真は、どうしてこれを選んだんですか」と質問し、それに答えて「電柱のここに何か書いてあってー、ビルのここに丸いのがいっぱいあるのが、よかったんでー」というようなことを言っていた。

よい理由だ、と思った。

その2
2/20の天気さんの日記で思い出して、web草思の鬼海弘雄の連載を読み返していたら
あ、この写真、自分見てた! と驚いた。
http://web.soshisha.com/htm/polka/kikai7_1.html


  ワゴン車が三台とまり猫柳  信治
というのを、何日か前に作って、我ながらなんじゃこれは、と思っていたのです。
この写真のこと、忘れてました。人間の記憶というものは、なにをしでかすやら。

だいたい「猫柳」…て、君。ここは「四葩咲く」でしょう(笑)

その3
ふつうにいい景色の写真、というのがあるでしょう。桜や、紅葉や、富士山や、田園を撮った、カレンダーになりそうな写真。ちょっと増感してあるような。

自分としては若者らしく、カレンダー写真のような俳句ではなくて、佐内正史の写真のような俳句がいいな、と思っていたわけですが。

よく考えると、カレンダー写真のような俳句も作るとなると、なかなか難しいですね。「まさをなる空よりしだれざくらかな 富安風生」みたいのができたら、そりゃ立派だな、と。「雪の上の大きな影は椿の樹 岸本尚毅」とか。

先日、「里」東京句会で、出会った句。

  紅白の東京タワー風光る  宮崎二健

こんなカレンダーだったら、いい、と思いました。3月は、この写真で決定。

天気さんブログ
http://tenki00.exblog.jp/d2006-02-20
鬼海弘雄さん・連載
http://web.soshisha.com/archives/polka/index.php
スポンサーサイト
06/2/21
俳誌「里」に1月から、「成分表」というタイトルで、短文を書いています。

心にうつりゆくよしなしごとの、面白さの「成分」を取り出してみよう、そしてそのテーマに適った例句と取り合わせてみようという試み。

このブログでやっていることを、逆方向から書いているとも言えます。

今回は「ハチミツとクローバー」の「雲」と「ラブロマ」の「背景」について。(漫画の話です)枚数の関係で「よつばと!」の写真トレースの背景がいかに良いかまで書けなかったのは残念なんですが、引いた例句にはちょっと自信あり。3月出来の3月号に載ります。


見本誌の申し込み・問い合わせは、邑書林まで。
younohon@fancy.ocn.ne.jp
三段切れ
さる句会で出された句です。これはいい、と取らせていただいて披講すると、みなさんお笑いになる。笑うなら取ればいいのに。

   笹鳴や戸棚を開けて茶菓子とる    津久井健之

中七下五のごそごそした動きが、笹にも冬鳥にもうまく響いてるし、なんかこの部屋には炬燵がありそうで、季感もばっちりだし。この三段切れの力の抜けっぷりが、なんともよい。

   ぽつくりと布団に入りて寝たりけり  臼田亜浪
   歯が鳴つて欠伸がしまる鳥雲に    秋元不死男

腰折れに非ず、絶妙な「中腰」感。
06/2/17
今日は、冴え返りましたね。(←言ってみたかった)
平井照敏の「新歳時記」の例句をみると。

   冴えかへるもののひとつに夜の鼻  加藤楸邨

この句に「季題の特徴をもっともよく表す」アステリク(*)が、ついています。
えー?いや、好きだけどさ。夜の鼻、て。
これはあやしいと思って「ホトトギス雑詠選集」を見ると、一句だけ。

   冴返るも糞もなく寒き信濃かな  浜人

えー?なかなか扱いにくい季語なのでしょうか。「俳句検索エンジン」をあたってみると。

   魚の目を箸でつつくや冴返る   芥川龍之介
   歯の腫れて来て冴返る日なりけり 久保田万太郎

わかりました。この季語は、本意が「ジジ臭い」なんです。
女性の方は、使われるとき、ご注意ください。
「本意とはなんでしょう」
季語「熊」の本意は「負ける神」ということだと思う。

  未だ月の匂ひをさせて熊の死よ    ヤ・ユースケ
  山ふたつむかふから熊の肉とゞく   飴山實
  生くることしんじつわびし熊を見る  安住敦

季語「菜の花」の本意が「光」であることは誰もが首肯するところだろうし、

  菜の花や月は東に日は西に      与謝蕪村
  べたべたに田も菜の花も照りみだる  水原秋桜子
  菜の花のおもひのほかに冷たしや   甲田鐘一路

そこから「菜の花」の塩漬けである季語「花菜漬」の本意が、「喪失」(または「郷愁」)であることは、容易に演繹される。

  顧みて子なきもよしや花菜漬     新上一我
  人の世をやさしと思ふ花菜漬     後藤比奈夫
  多い目に御飯を炊いて花菜漬     稲畑汀子

季題とは別に、「本意」とは「蓄積された含意」である。

創作において、無意識の含意は使えるが、意識化(あるいは公然化)してしまったら、それはもう使えない。「本意」は密教である。そうか、こんなブログを書いている場合ではないか。
06/2/10
京都にいました。

  春宵を駆ける舞妓を見たりけり   信治

全力で走ってました。

いや、ほんとに見たって、だけなんですけど。
06/2/6
俳句研究2月号を読んでいて(読んでるんですよ)、好きな句を見つけた。

   のりしろや春はなのみの貝の舌  鳥居真里子

「黒こんにやくちぎつてなげて椿かな」という句もあって、いいかんじの無意味っぷり。

俳句において、既成の表現の引用は「既成句に季語を足しただけ」という言い方で、それこそ叱りことば的に忌避されることが多い。しかし、逆にこの二句などは、中七で仕事をしないことで、ヘリウムでも詰めたように軽さを実現。

リアルタイムで読む句もよいもんだ、と思った次第。
06/2/4
立春ですね。(と、俳句ブログっぽく)

ハイクマが出来たとき、いちおう男二人、女一人なので、
誰かに「ドリカム状態だね」と言われた場合の、返しを考えました。

誰「ドリカム状態だね」
私「……そのばあい、吉田美和は、だれですか?」

誰も、そんなこと言ってくれないので、ここに書きました。

思ったこと。
・男2女1を見て、ドリカムと言うのは10年前だ、と分かった。
・吉田美和が誰かより、あのやめちゃった人が、誰かのほうが問題だ。
散文的
初心者として句会に出たりして、俳句にはなんと多くの「叱りことば」があることよ、と思った。
曰く「散文的」。曰く「報告」。「切れがない」「三段切れ」「付きすぎ」etc、etc……。

人間、否定されることを繰り返すと、自他の句中にそれら「叱りことば」的要素を発見しただけで
「あ、これだめ」とネガティブな反応を起こすようになる。ディシプリン完了。
アタった記憶のある食べ物に、無条件で蕁麻疹が出るようなもので、こんな不自由なことはない。
そこで、叱りことばの一つ「散文的」について、解毒を試みる。

   除夜更けて湯沸しの蓋もちあがる   橋間石

俳句の韻文性の強調は、いたる所で目にする紋切型。
しかし俳句は、575・17音というだけで、もうじゅうぶんに韻文である。
俳句をことさら韻文であると強調することは、ほとんど同義反復っぽい。
紋切型は、俳句は韻文であるから散文性を忌避しなければならない、と続くのだが。

しかし韻文は、韻文だからこそ、散文「的」になる自由がある。
王女が町娘のふりをするようなもんで、それは可愛気というものだろう。

   冷蔵庫に入ろうとする赤ん坊    阿部青鞋

韻文が、もし韻文「的」になったら、それは厚化粧ではないか。
似合っていれば厚化粧もけっこうだ。
しかし全ての句が、キビキビ朗々とした俳句調の俳句でなければならない、ということはない。

ま、
たぶん俳句の韻文性を言う人は「俳句は音楽的であったほうがいい」と言いたいだけなのだ。
それなら分かります。
しかし、散文的であることと、音楽的であることは、じゅうぶん両立しうると思う。

波郷にならって「17音の散文の切れっ端でなにが言える!」と言う人には、
「こういう歌なんですぅ」とお返ししたらいいと思います。

   からからと音して亀を引きずりぬ  小林一茶      

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。