胃のかたち
上田信治による俳句研究。
200702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200704
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
界わいの話題から
田島さんちの、連続更新が、たいへん面白い。

田島さんの用語の「不可能性」については、いくつかのレベルがあると思うのですが、

1.言葉と対象(あるいは内容)の関係についての「不可能性」

「なぜ、俳句に「絶対的にわからない」ものが内在してしまうか、というと、「言葉」というものが、常に「言い過ぎてしまう」からなのである。」(2007/3/7)

「「不可能性」に対して「価値」がある、と合意したものだけが、一方で、その作者として表出し、もう一方で読者として表出する。」(2007/3/9)

田島さんの言語に対する不満(?)が、「言い足りない」のではなく、「言い過ぎてしまう」ことにあるというのが、おもしろいです。それは、たしかに日常言語には起っていない事態かも。(指示対象と言語の不一致は、当り前かつ解決不可能なので、問題になりようがない)

一方で、田島さんは、日常のことばが、意味の限定という機能をもつゆえに、多くの俳句は無意識に意味を価値としてしまう、というようなことを書かれていて。

ひょっとして、言い過ぎるとは、意味を限定することと重なってくるんでしょうか。
意味を限定することが、問題なのだとしたら、限定される前のものとは何だろう、と。

言葉からこぼれ落ちて、はじめて、そんなものがあったと気づくような、言葉の「外」の経験のようなものが、想定されているのかもしれません。

2.価値としての「不可能性」

「「俳句」の価値は、その「ことば」の意味ではなく、俳句そのものが内在する「不可能性」にある、ということなのです。」(2007/3/29)

「俳句における「絶対的にわからないもの」は、「価値」があるのか、ないのかすら定かでなく、けれども「価値がある」ということを「絶対的に受け入れた者」だけが、それに接近することができるような「何か」である。」(2007/3/7)

ここでは、あえて、秘教的な条件付けがなされているのだろうと思いますが、ふつうに分ろうとすると、「意味ではなく」ということが、ヒントになりそうです。
ことばには「意味ではない何か」というものが、あるはずなんだという。

ここには読者と作者の「合意」が、不可能を可能にする、つまり意味ではない何かを可能にするから、俳句は価値を持ちうるんだという主張があると思うんだけど。

田島さんは、一方で、それを「可能」なことにしてしまうことには、あまり意味がないのだ的なことを書かれている(なぜなら「再現可能」な「不可能性」は、もはや「不可能性」ではないからである。)。

となると、これは、毎回、未生の価値に賭ける、という心構え論なのかとも思われ。

田島さんの一連の論考から、かってに、自分に引きつけてテーマを取りだすと、

・「言い過ぎない」貧しい言葉の可能性。
・「書いていない」ことが書いてある、という同意。

というあたりが、気になります。田島さんの考えと、ぜんぜんかすってない可能性もありますが。

(ここで、俳句の不可能性の価値が、顕現している作例がほしい気がするんですが、そういうのって、ちょっと違うんでしょうか)






あ! ちょっと分ったかも。

田島さんには、日常言語の限界を超えたいというテーマが先にあって、その限界の先にあるものを、ぜんぶ「不可能性」と呼んでいるのでは、ないでしょうか。

いや、日常言語の限界というより「ことば」一般の限界といったほうが、いいのかな。詩語と日常語って、区別つかないですもんね。(タダゴティストとしては、俳句と日常の言語活動の区別はつくけど、そこで使われているのは同じ言葉だという気がしている)

3/29日付の記事のラスト近く「「この句には、意味という価値はないんだよ」という「意味の意味」をメッセージとして付加する、いわゆるメタメッセージ付きの句」が現われた、というあたり。

「お、こっちの守備範囲に話が来るのかな」と、たいへん楽しみにしています。
刮目して待て。
スポンサーサイト
界わいの話題から
天気さんの、こちらの記事。因数分解のように、句の中味を、はらはら解いて消していって、「何も残らず、ぜんぶ消えてなくなった、この状態、作者である私にとっては、それこそが本懐だったりする」

うん、それは、ほんとに本懐ですねえ。

たしか、以前、虚子のただごと系の俳句についてだったか、
「こんなことを句にしちゃってるオレ、というアピールはついて回る」
というようなことを言うか書くか、していた人がいて。

その、(わざとなんでしょうけど)いじわるな物言いを、ただごとは越えうるのか、と考えてました。それは、もう「ああ、そのオレが消え損なってたら、書き損ないです、失礼しましたね」と、受け流せばいいような気がしてきました。

あらら
豆の木11号
上田原稿「ただごとについて」、あららやっちゃってます。子規の句「柿食えば」じゃなくて、
「柿くへば」ですよね。汗顔の至り。

豆の木11号より
  高層という滝の只中にいる  月野ぽぽな
  コスモスは咲いてゐないと兵士のやう 中村安伸
  おじさんの空気を抜いて桜餅 三宅やよい
  腕のばし花の写真を撮りにけり 遠藤治

俳句研究4月号
  いくつもの舟がこはれて春をはる 今井杏太郎
  人を待つ冬の夕日の駐車場    大井雅人

高柳克弘「凛然たる群像」で、田中裕明の「渚にて金沢のこと菊のこと」が取り上げられています。
「渚」に秋の季節感と空間の拡がりを、「金沢」「菊」から、色彩と伝統的美的価値をひきだして、さらに「いまここ」をあえて避け、いろいろ思い出しちゃったりするのが渚よねえ、という読み筋で(高柳さんはそういう書き方はしてないですが)たっぷり。

自分は、田中裕明は、俳句の型にフェティッシュな愛着のあった人なんじゃないかという気がしていて。掲句には、素十の「たんぽぽのサラダの話野の話」が響いているのではないか、と思いました。

あと「渚にて」と言えば、N・シュートの、最終戦争後の世界の静かな終末を書いたSFなんですけど、田中さん、読んでたかな。



 
追記:小説「渚にて」のタイトルは、T・S・エリオットの詩(「かくて世の終り来たりぬ」というリフレインのある)から、とっているらしいです。でも、そっちは流通してる訳だと「渚に集う」なんですよね。
偶然について
「ただごと」のことから派生して、偶然について考えています。


   炎天より僧ひとり乗り岐阜羽島  森澄雄


この「岐阜羽島」が、俳句における偶然である。
この岐阜羽島は動く。というか、俳句の地名は、全て動く。

というか、動かなくては、いけない。

一般的な、もの/ことを中味とする句の場合、そこに書かれるようなことは、たいがいどこででも起ることなので、もし、地名が動かないとすれば、それが「そこ」で起ったことを必然とする何かが、句の中に重ねて書かれていることになる。

その何かが、イメージの連鎖であれ、文学的歴史的蓄積であれ、わざわざ「動かないように」書かれたのだとしたら、それは結局つじつま合せであり、ずいぶんご苦労さんなことではないだろうか。

せっかく彼方から、「岐阜羽島」が到来しているというのにさ。

対して、それが、偶然によって「動くべく」書かれ、事後的に動かなくなったのだとしたら。あるいは、誰が見ても動くのに、作者にとっては、それが動きようもないのだとしたら。その「動かなさ」は、必然でありながら偶然であり、それは、この世界の実相にかなっているような気がする。
さて。

とすれば、すべての季語もまた、動かなくてはいけないのだろうか。たしかに、あえて動く季語を使う作り方もあると思う。


   空梅雨や向き合っているパイプ椅子  小倉喜郎
   
  
季語が動かないことを優先順位一位にしてしまうと、俳句は「言葉のはめっこ」(誰が言ってたんだっけか)に近いものになる。それよりは、動く季語のある句のほうが、よほど、このデタラメな世界にむかって開かれているのではないか。

でも、ほんとうの偶然(の季語)というものは、きっと、後期の碧梧桐的な退屈世界なのだろう。もちろん「パイプ椅子」の句が退屈だというのではなく、むしろ「岐阜羽島」と同様のパンクっぽさが好ましいのだが、この行き方の中で、なんでもありゆえの平板さに、どう抵抗しうるのか。

美術の歴史が「美」そのものではなく「美」の模型をつくることからはじまったのと同様に、まず人間は「偶然」ではなく「偶然」の模型をつくることで、満足しなければならないのかもしれない。


   明け方の蚊の飛んでゐる牡丹かな   岸本尚毅


この「明け方」が偶然である。あるいは「蚊」が、それとも「牡丹」が。純粋に審美的な書きようでありながら、バニラを効かせるようにして偶然の香りが加わり、この「牡丹」は、牡丹なのにほとんど「ただごと」である。じっさいの岸本氏がどれくらい早起きか、とかは、ともかくとして。

そして運がよければ、「美」の模型が「美」そのものになるように、「偶然」そのものが手に入る希望もあるわけで。


   古池や蛙とびこむ水の音    芭蕉
ただごとについて
方法としての「ただごと」は、失敗すれすれであることを前提として選択される。

「毎月『鷹』に発表する句数はこれまで八句と決めていたけれど、多作を実行しはじめると、これが一挙に三百句以上になる。(略)玉石混淆というけれど、石ばかり多くなって玉はきわめて少ない、ひょっとして玉は一つもなかったということだってあり得る」「私は露出狂でも狂人でもない」「けれども、それを怖れてはいけない。どんな悪評にも堪えて恥をかけ」「そしてたった一句でいいからずば抜けた作を成せ」(藤田湘子「俳句以前のこと」)

藤田湘子は、一日十句を始めるに際しこれだけびびっていた、というか、びびって見せ、
それからようやく「蠅叩此処になければ何処にもなし」のような句を書くことができた。

一方で「あさまらのめでたき春となりにけり」などの句は、本人の心配通り、じゅうぶん「露出狂」だと思うのだけれど、それはともかく、湘子の「ただごと」俳句は、意図された「非-美」であり、かえって作家の規範意識の強固さを思わせる。

湘子にとって、規範意識を眠らせて書くための方法が、一日十句であり、虚子であった。

ーーーーーという部分を使わなかった、「ただごとについて」という文章が、

今週末できてくるはずの「豆の木11号」に、掲載されます。

齋藤朝比古★俳句研究賞受賞50句+50句
小野裕三★向こう岸の男?齋藤朝比古小論
中村安伸★ねじれたスプーン 俳句の娯楽性と芸術性
上田信治★ただごとについて
小野裕三句集『メキシコ料理店』
齋藤朝比古★小野裕三『メキシコ料理店』 きわめて私的な鑑賞
遠藤 治★小野裕三『メキシコ料理店』を読む
三宅やよい句集『駱駝のあくび』
さいばら天気★二〇世紀の明るさ
吉田悦花★朱夏
俳句作品も、多数掲載(上田は40句出しました)。

読んでもいいよ、という方は、上田または「豆の木」あてにご連絡ください。
俳句に似ているもの
教育テレビ「ピタゴラ装置」の、

よく見ると、同じ箱や台車を、使い回しているあたり。



新聞読んでいて
ーー嫌いなものはなんですか?
「ステレオタイプです。人生の経験から、紋切り型は常に間違っているということが証明されていますからね」
(朝日新聞07/3/3、土曜版be、ソニーのストリンガーCEOのインタビューより)

そうか常にまちがっているのか。


  淡雪の消えてしまえば東京都  加藤楸邨


(朝日新聞07/3/4「折々のうた」より)
この句は、知らなかった。いいですね。今井杏太郎の「東京を歩いてメリークリスマス」と並べて飾っておきたい。アンソロジーだけ読んでいては、だめだなあ、と思いました。


無季句
たまに、無季の句ができるとうれしい。
それは、テーマ詠の句会のための句を、まとめて捻っているときなどに、できやすい。


   一色づつ三色パンを食べるなり  信治
   白猫や雑誌を綴づる太き針    〃 


季語が一句の題だとすれば、題がすでに季語以外にある場合、季語は必要ない……はずである。

そのかわり、その句は、その句会の外に出すと、いかにも弱々しく見えるかもしれない。
題詠の句会では、おうおうにして、テーマをどうこなしたかということが、句の価値に含まれるから。

当然それと同じようなことが、ふつうの有季の俳句を、俳句の「作者=読者」の世界の外に出した場合にも、起るわけで。

自分が素十が好きなのは、この人が書くと季語があっても、無季句のようだからです。


   残雪に現はれし石雪をのせ     素十
   菜の花の咲くところまで来て話   〃


俳句に似ているもの
くるくるまわるビニール袋。

映画「アメリカン・ビューティー」の。


こちらもどうぞ)
切り貼り、続く
 表現は、しばしば、受け手による感情移入を力とする。
 俳句に感情移入があるとすれば、それは多くの場合「作者」の心と想定されるものに対してなされるが、それは、句の外にいる作者に対して、一句の正解を訊ねるような「弱い」感情移入である。

 いわゆる抒情的な句は、読者の「強い」感情移入を引き起こす。
 それは、一つにはリアルでベタな感情が句に伏流することによって、一つにはその感情が「美」に託されることによって可能になる。

 感情と「美」が結びつくと、なにか人を酔わせる成分が発生するらしい。
 というか「美」に酔って書く書きっぷりがまずあって、その書きっぷりが逆算的にリアルな感情を想定させる、といったほうが正確かもしれない。
 そして、感情を書くことは、句の「内部」に感情の主体としての「主人公」を書き込むことでもある。逆から言えば、その感情の主体として、一句の「主人公」が遡行的に想定される。〈春の鳶寄り別れては高みつつ 龍太〉も〈水ぐるまひかりやまずよ蕗の薹 夕爾〉も、そういうふうに書かれていると思う。そして、読者はその「主人公」に感情移入する。

(……)

 一方、氏の句に、ベタな感情やベタな美が書かれることは滅多にない。かわりに(というのもおかしいが)そこには、俳句の無名性に収まりきれない、「ヘンな人性」がある。

(……)

また、書いて使えなかったところを、カット&ペースト。
はっきり言って苦戦中ですが、もう、難所は越えましたよ。
ただいま切り貼り中
多くの表現は、受け手による感情移入を、力とする。
俳句に感情移入があるとすれば、それは多くの場合「作者」の心と想定されるものに対してなされる。たとえば〈赤い椿白い椿と落ちにけり〉とあれば、それを書いた前後に碧梧桐さんの心がどう動いたかを、想像し同調するように読む、ということが可能だが、それはしなくてもいいことだ。
(………)
「何を書くかではなくどう書くか」「俳句はあくまで言葉である」というテーゼは、もうすでに、ちょっと言われすぎた。「どう書くか」で勝負する俳句は、結局、分るもの同士の技の出し合いになり、そこからは、なかなか名句が生まれない。
(………)
読者はそれを見て「おもしろい人だなあ」と思う。
作品は、読まれるときと、書かれるときに、同じ楽しまれ方をするものだ。
ということは、作者は、書きながら「おもしろい人だなあ、自分は」と、思い直しているのだ、きっと!

今、書いている、短い文章で、書いてみて使わなそうな断片を、カット&ペースト。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。