胃のかたち
上田信治による俳句研究。
200707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『en-taxi 2007夏号』
6月の末に出た『en-taxi 2007夏号』(太田出版)、たぶんまだ本屋にあると思います。

毎号やってる「角川句会手帖」、角川春樹さんが出所したのをきっかけに始った、誌上句会ですが、今回のゲストは、菊池成孔さん。
面白い句がありましたよ。

 空爆のニュースに流してみろヴォサノヴァ  菊池成孔
 君の尻ソーテルヌこぼれぬように      〃
 蝸牛脚の切り傷道の終わり         〃
 ゆっくりとゼラニウムが咲くような演奏   〃
 胃袋は実在してをりこどもの日       寸

三鬼をねたにした特集「2007夏・神戸バビロン幻影」。福田和也さんほかご一行が神戸を徘徊しつつ、業俳としての三鬼の生活をスケッチする「神の糞」という小文。
ご一行の顔つき、索漠とした取材写真、食いものの豪勢さ、と見どころ。

あと、佐藤優が紹介する、若き日のアドルノ(「アウシュヴィッツの後で、叙事詩を作ることは野蛮である」)と、指導教授である神学者ティリッヒのエピソード。

「晦渋で難解な文体で書かれたその論文を読んだとき、ティリッヒはその著者(アドルノ)にむかって「私には一言もわからないが、この論文はすばらしい」と言ったという。(…)アドルノが緊急の知らせで、彼の午睡を中断させた折にも、彼はこれと似たことを言った。「ところで、一体何が起こった」とティリッヒは身を起こし、青年を見据えながらいった。アドルノは興奮して、せきこみながら「私はちょうどユーモアの意味を発見しました。ユーモアというのは再度見た希望です」といった。ティリッヒの答えは、当然ながら「君の言っていることは一言もわからない」というものであった」


今号は俳句的にお得でした。
スポンサーサイト
ウォーミングアップとして
ひさびさの更新です。

ウォーミングアップとして、しょぼい突っこみをひとつ。

文春新書『俳句鑑賞450番勝負』中村裕著

p181〈蝿飛んでくるや箪笥の角よけて〉の項
「この作家(京極杞陽)は、日常何気なく見過ごしていることに、俳句的まなざしをむける名手といっていい。
「食卓の鉄砲百合は素っぽをむく」「木葉髪あはれゲーリークーパーも」「サングラスかけて俳人とぼとぼと」等々」





あの、「鉄砲百合」の句、って加倉井秋をなんですけど!!!!涙

中村っていう人、挙げてる杞陽の句はぜんぜん「日常」じゃないし、秋をの師匠の風生のことも「現代俳句のもっとも保守的な部分を体現した」(p21)とか書いてるし(そうですかねえ)、なんか、単にってかんじ。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。