胃のかたち
上田信治による俳句研究。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俳句と文学とサービス
とりあえず「文学」の定義から

じつは「文学」とかこういう巨大語の定義を考えるのが、趣味。

まず文学は、芸術の1ジャンルである。
芸術のうち、言語によるものを文学と呼ぶ。
芸術は、娯楽の1ジャンルである。
では、芸術という語は、他の娯楽からどう区別されて使用されているか。

芸術という語の使用例の「辺境」を考えてみます。(使用例の真ん中あたりを考えていても、語の領域は分らないので)

1.「大衆芸術」「応用芸術」という言い方が可能である。
ということは、芸術という語は、必ずしも、娯楽諸ジャンル間のヒエラルキーに支配された言い方ではない。

2.美男美女たるタレントの美貌は、世間一般の娯楽として供される場合にも「芸術」とは言われない。

3.娯楽以外の活動で、たとえば政治家に「芸術的な政治的手腕」というような賛辞が呈されることがある。

たとえば上の三つの文の「芸術」を「χ」に置き換えて、これらの用法が成り立つ「χ」を探す。そしてその「χ」が、通常の語の使用法と矛盾しなければ、とりあえず、定義ができたと言えるような気がします。

1.について。「大衆芸術」とは、歴史的に「娯楽」がハイカルチャーとローカルチャーに分離してしまった後の世代が、ローカルチャーにも五分の魂を期待して、そう呼ぶ言い方のような気がします。つまり、ここでいう芸術は、ローも持つべき「五分の魂」。

2.美貌を芸術と呼びうるとしたら、「自然が産んだ芸術作品」というような、擬人法的な表現になる。芸術という感じがするためには、「誰かがする」という主体性、行為性が必要なようです。前項にからめていえば、主体による志向性(ココロザシ)の問題と言っていいような気がする。

3.たとえば、政治家が、地べたをはいずりまわるような場当たり的現実対応的な手法も採りうるのに、あえてエレガントな最善手を志向し実現にいたれば、その手腕は芸術「的」と呼ばれる資格があるでしょう。また、娯楽のジャンルにおいても「地べたをはいずりまわるような場当たり的現実対応的な手法」をとる表現は、「芸術」と、呼びにくい。

ここで、一足飛びに結論を出してしまいます(趣味だから)。
自分は、芸術とは「最高のものを志向する、娯楽(の生産行為、または生産物)」であると考えます。
どうでしょう、この定義。とりあえず、悪くないような気がしているのですが。

さて。では俳句は文学か、という話。
文学=「最高のものを志向する」「言語による」「娯楽」という定義に照らせば、もちろん、俳句は文学たりえます。ただ、座の文学と呼ばれる俳句は、ずぶずぶの「その場=相対」志向を、起源にもつ。

「恥ずかしいことだけど、現代俳句は文学でありたいな、という感じがあります」という摂津幸彦の含羞は、そこを背景にでてくるんじゃないか。それを大っぴらに言うなら俳句である必要がない、でも忘れてしまったら、ろくなものにならない。

かっこよく言ってしまえば、垂直性をもって放たれると同時に、水平に手渡されるものが、俳句です。

渡す相手がよくなくっちゃあ、話にならないというわけで。俳句において、ことさらに歴史性への接続(師弟関係重視、季語重視etc)が意識されるのは、座に至高性への契機をもたせるためではないかという気がします。
また一方で、俳句は、その「相対」志向によって、同時代の芸術レースからは下りてしまっている。俳句は文学ではない、と石田波郷のような人が言ったのは、おそらく「野暮の相手をしていられるか」という啖呵で、これは、現代にも通用する話。ただ、その「相対」志向が、低回趣味、秘教化、退廃、というコースをたどりがちなことも、また。

自分が、俳句には、よりどころとしての「サービス精神」があると思うゆえんです。最高のものをこっそりと志向しつつ、どこまでも、その場にいる人に向けて供される。文学と座興の間を揺れ動く、俳句の矛盾をそしらぬ顔で止揚することが、金子兜太のいう「ふたりごころ/ひとりごころ」というものか、と。

なんか、ひじょうに当り前のことをベタに書いてしまいましたが。

参照:天気さんブログ「俳句と『文学』(1)(2)
たじまさんブログ「俳句という師~相対性俳句論(断片)」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。