胃のかたち
上田信治による俳句研究。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編者がえらい
「ホトトギス雑詠句会評抄」という本を、へらへら笑いながら読んでいます。

   二つづゝふぐり下りのむかごかな 寸七翁

風生「むかごとふぐりがぴったりと会っていることが非常に面白いと思う。むかごがふぐりか、ふぐりがむかごか、と言い度い位に二つのものがぴったりと」

  ブラジルは世界の田舎むかご飯   念腹

素十「世界の『田舎』という言葉は勿論世界中で一番文化に遅れ遠ざかっておる所というのであるが」

  山高帽(ヤマタカ)に夕立急ロンドンはおもしろし  青邨

清三朗「中七の字余りのこなし方など憎い程うまい」

無茶な句が、無茶なほめられ方をしていて、おもしろいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。