胃のかたち
上田信治による俳句研究。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
抒情性とは(改)
抒情性とは、なんだろう。

「抒情」は、辞書によると「感情をのべること」となっているが、これは、じっさいの語の使用範囲をカバーしていないと思う。

たとえば、怒りを述べることは、抒情性をもちうるだろうか。
あと「抒情的な音楽」はアリなのに「抒情的な映画」といわれると、筋なしのダメ映画が想像されるのはなぜか。

さて。

これは単なる珍説なのですが、日本人はどっかで「抒情」「情緒」を、ごっちゃにしてしまったのではないだろうか。
「江戸情緒」とか「情緒てんめん」とか言うときの「情緒」です。

音も似てるし、「抒情」の「抒」が、パッと見、字義の判らない字だというのが、きっとよくなかった。「叙情」なら、詩を「叙情」「叙事」と二分する分類用語だということで、誤解の余地がないんですが。

「情緒」は、辞書には「感情をひきおこす雰囲気」とあるので、いわゆる「抒情的」「抒情性」にぴったり当てはまる。あと、さっきあげた例でいえば、怒って雰囲気を出すことはむずかしいし、「フンイキ映画」と聞いたら、見る気がしないのも当然…。

秋桜子は「俳句に短歌的抒情を持ち込んだ」と言われますが、そこは「短歌的情緒、あるいは短歌的ムードを持ち込んだ」と言ってもらったほうが、ぼくはしっくりきます。秋桜子は、たしかに情緒てんめんだけど、想いを述べることは、多くない(特に初期は)ですから。

評論集『魅了する詩形』の中で小川軽舟さんが「抒情詩としての俳句」ということを書いていて。やはり広辞苑の「感動や情緒を述べる」「ほぼ詩と同義」という解説からスタートしていたので、ちょっと同義反復的にグルグルしていた部分があった。俳句も近代詩の一分野である以上、みんな抒情詩のはずだ、とか。

でも「抒情」=「情緒」「抒情詩としての俳句」=「情緒のある俳句」ということであれば、それは、素質がある人がすればいいという話で終ってしまう。
そして、もちろん俳句は、そういうのばっかりじゃない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
補足
ていうか、「抒情性」はlyricの訳語で、
ようするに「抒情詩のような性質」「抒情詩っぽさ」なんですね。

それは西洋詩の歴史的概念であって、秋桜子が、新風を、そこに求めたのは、よく理解できるけど。
2007/03/03(土) 13:30:29 | URL | 信治 #tl9rY.2.[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。