胃のかたち
上田信治による俳句研究。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
界わいの話題から
天気さんの、こちらの記事。因数分解のように、句の中味を、はらはら解いて消していって、「何も残らず、ぜんぶ消えてなくなった、この状態、作者である私にとっては、それこそが本懐だったりする」

うん、それは、ほんとに本懐ですねえ。

たしか、以前、虚子のただごと系の俳句についてだったか、
「こんなことを句にしちゃってるオレ、というアピールはついて回る」
というようなことを言うか書くか、していた人がいて。

その、(わざとなんでしょうけど)いじわるな物言いを、ただごとは越えうるのか、と考えてました。それは、もう「ああ、そのオレが消え損なってたら、書き損ないです、失礼しましたね」と、受け流せばいいような気がしてきました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。