胃のかたち
上田信治による俳句研究。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
界わいの話題から
田島さんちの、連続更新が、たいへん面白い。

田島さんの用語の「不可能性」については、いくつかのレベルがあると思うのですが、

1.言葉と対象(あるいは内容)の関係についての「不可能性」

「なぜ、俳句に「絶対的にわからない」ものが内在してしまうか、というと、「言葉」というものが、常に「言い過ぎてしまう」からなのである。」(2007/3/7)

「「不可能性」に対して「価値」がある、と合意したものだけが、一方で、その作者として表出し、もう一方で読者として表出する。」(2007/3/9)

田島さんの言語に対する不満(?)が、「言い足りない」のではなく、「言い過ぎてしまう」ことにあるというのが、おもしろいです。それは、たしかに日常言語には起っていない事態かも。(指示対象と言語の不一致は、当り前かつ解決不可能なので、問題になりようがない)

一方で、田島さんは、日常のことばが、意味の限定という機能をもつゆえに、多くの俳句は無意識に意味を価値としてしまう、というようなことを書かれていて。

ひょっとして、言い過ぎるとは、意味を限定することと重なってくるんでしょうか。
意味を限定することが、問題なのだとしたら、限定される前のものとは何だろう、と。

言葉からこぼれ落ちて、はじめて、そんなものがあったと気づくような、言葉の「外」の経験のようなものが、想定されているのかもしれません。

2.価値としての「不可能性」

「「俳句」の価値は、その「ことば」の意味ではなく、俳句そのものが内在する「不可能性」にある、ということなのです。」(2007/3/29)

「俳句における「絶対的にわからないもの」は、「価値」があるのか、ないのかすら定かでなく、けれども「価値がある」ということを「絶対的に受け入れた者」だけが、それに接近することができるような「何か」である。」(2007/3/7)

ここでは、あえて、秘教的な条件付けがなされているのだろうと思いますが、ふつうに分ろうとすると、「意味ではなく」ということが、ヒントになりそうです。
ことばには「意味ではない何か」というものが、あるはずなんだという。

ここには読者と作者の「合意」が、不可能を可能にする、つまり意味ではない何かを可能にするから、俳句は価値を持ちうるんだという主張があると思うんだけど。

田島さんは、一方で、それを「可能」なことにしてしまうことには、あまり意味がないのだ的なことを書かれている(なぜなら「再現可能」な「不可能性」は、もはや「不可能性」ではないからである。)。

となると、これは、毎回、未生の価値に賭ける、という心構え論なのかとも思われ。

田島さんの一連の論考から、かってに、自分に引きつけてテーマを取りだすと、

・「言い過ぎない」貧しい言葉の可能性。
・「書いていない」ことが書いてある、という同意。

というあたりが、気になります。田島さんの考えと、ぜんぜんかすってない可能性もありますが。

(ここで、俳句の不可能性の価値が、顕現している作例がほしい気がするんですが、そういうのって、ちょっと違うんでしょうか)






あ! ちょっと分ったかも。

田島さんには、日常言語の限界を超えたいというテーマが先にあって、その限界の先にあるものを、ぜんぶ「不可能性」と呼んでいるのでは、ないでしょうか。

いや、日常言語の限界というより「ことば」一般の限界といったほうが、いいのかな。詩語と日常語って、区別つかないですもんね。(タダゴティストとしては、俳句と日常の言語活動の区別はつくけど、そこで使われているのは同じ言葉だという気がしている)

3/29日付の記事のラスト近く「「この句には、意味という価値はないんだよ」という「意味の意味」をメッセージとして付加する、いわゆるメタメッセージ付きの句」が現われた、というあたり。

「お、こっちの守備範囲に話が来るのかな」と、たいへん楽しみにしています。
刮目して待て。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。