胃のかたち
上田信治による俳句研究。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
偶然について(つづき)
前の記事のつづきです。

俳句が、句中に因果関係があることや見え見えのイメージ操作を嫌うことと、語の「動かなさ」を志向することは、相反した欲求だと思う。しかし、そこをひょいと乗り越えるのでなければ、お楽しみは多くない。

櫂未知子『食の一句』より。

  遠雷や皿に寄り眼の目玉焼 さくたやすい

遠い雷鳴、食卓には〈目玉焼〉。ちょっと〈寄り眼〉にできちゃったと微苦笑している作者ーー要約すればただそれだけ。しかし、これこそ「俳句的」。(略)過剰な感情移入を望まず、その日に得た季語と眼前にあるものとを一句にする、この俳句ならではの面白さをわかって貰えるだろうか。


この「その日に得た季語」っていう言い方が、前項を書いているとき、念頭にありました。
まさに「偶然」。まるで、季語が、タロットかおみくじのようじゃないですか。

でも、おみくじって、けっこう当るんですよね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。