胃のかたち
上田信治による俳句研究。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ただごと、この人の見解
『俳句』平成17年11月号の特集「平明こそ俳句の極意」加藤かな文「青空の光学」より

そこに描かれた「ただ事」に心動かされ、そこに用いられた「ただ言」をまぶしく感じるのはなぜだろう。「ただ事」と「ただ言」が絶妙のバランスで結びつくとき、俳句本来の性能が最も発揮される。とりあえず私たちの経験をそんな法則らしきものにまとめることはできると思う。しかしさらに、私たちの感動のより精緻なメカニズムをと求められたら、それが青空に似ているから、とでも答えておくのが最も誠実な態度ではないか。

ここでは、

・何でもないことを、ぴったりと言いあらわすことで、あらわになる言葉のはたらき。
・さらに、あらわになる、何でもないことの、何でもなさ。
・見えすぎなかんじ。

というようなことが、言われているようです。

   学校の丸ごと映る植田かな 加藤かな文
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。