胃のかたち
上田信治による俳句研究。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コラージュについて
ひとつ前の記事のコラージュは、「ダダ」で「バウハウス」だった、クルト・シュヴィッタースという人の作品で、1983年に池袋の西武美術館で(あったんですよ、むかし、そういうのが)やった、展覧会で見て、わー、となったもの。

そのころは、俳句にまったく興味がなかったのだが、この商業美術的フルーツのイラストの、喚起性の強さ(美味しそうさ)ったら、なんだろう。
写真や、リアルな静物画とは、別次元の力が、この林檎にはあるように思う。
(20年以上おぼえてるんだから、これくらい言わせて欲しい)

ひとつは、林檎が、言葉のように記号たり得ていること。
もうひとつは、このコラージュ全体の、平面構成が、完璧と言いたくなるほど、美しいこと。

これ、ふたつとも、林檎の情報量を増やして、直接、食欲を刺激するような要素ではない………、というところが、なんとも「俳句的」。

俳句もコラージュも、圧倒的に「貧しい」方法なわけで。

その貧しさの中で、季語、たとえば「林檎」を「林檎」とだけ言って、極限までイメージが広がるように使う。それは、読み手のもつ文脈を利用しつつ、その語を、構成のなかに「どう置くか」だけなんじゃあないか。

というのが、シュヴィッタースのコラージュ「5 ORE」が、俳句を思わせるところ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。