胃のかたち
上田信治による俳句研究。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雪我狂流「魚のやうに」を読む
「魚のやうに」10句(「週刊俳句第7号 2007/6/10」掲載

ある種の彫刻家、アルプとか、ポンポンとか、ブランクーシとかは、つるつる、ぷるぷるした、なめらかで、なまめかしい、口に入れてなめ回したくなるような、かたちばかり、作った。狂流さんの俳句からは、たとえば、そんな彫刻のような、ぷるるんとして、ぬるるんとする、ことばの、さわりごこちが入ってくる。

  対岸に人の落ちてる日永かな

ヒトノオチテル、と口語で言いつなぐところが「なめらか」で、ヒナガカナ、と留めるところが「ぷるん」。

  袖口は濡れて桜は葉となりぬ
  蝶の昼砂糖が水に溶けてゆく
  ひつぱれば伸びる輪ゴムの立夏かな

息をつがずに、いそがずに、空中にわっかを描くように、ふわふわわんと、投げられたようなことば。

  天麩羅にソースをかけた薄暑かな

ここで、はっとして、天麩羅にソース、わざとかな、人参の精進揚げなら、ソースありだな、とか思う。そして、紫陽花の茎はしなるだろうか、とか、サイダーの二人だったのだ、とか、十分に作者の企みにひっかかりつつ、シナリテイルヤウナ(ここは「ヤウナ」と読みたい)、フタリニナリシコオリカナ、と、また口の楽しみを味わって、

  湖は平らなところボート浮く

と、しずかな、しずかな(運動の予感を孕んでいるからしずかな)景で、トメ。

これら、ことばのどこにも、むりをかけない、なめらかな表現から、彫刻家の仕事、それも、空間にいきもの的形態(もともとポンポンは動物専門ですが)を「ひりだす」ような仕事を連想したのは、きっと、狂流さんの書くことばが、いきもののようにつるんと完結していて、「言った」というより、「生えた」ような姿をしているからでしょう。

  三月や子供はみんな象が好き (「句誌 月天」第八号/2005 所収)

HANS ARP Aquatique (Aquatic) 1953
B68371747DB350CF6170.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。