胃のかたち
上田信治による俳句研究。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
推敲
前々回のエントリでとりあげた、小澤實さんの50句ですが、『俳句界』からひと月遅れの主宰誌『澤』で、前半31句が再録されています。
そして、そのうち、13句の形がかわっています。

句の手直しのあとを検証するということに、パパラッチ的な趣味の悪さを感じて、いままで遠慮していたのですが、
作者が、何を否とし何を可としたのか、とりわけ俳句のフォルムについて、どう感覚されているかを知りたい、
という誘惑に勝てず、句姿が変化している句を、比較のために並べてみました。

上が、『俳句界 2007/5月号』掲載、下が『澤 2007/6月号』掲載です。


   自動車教習所の踏切や秋の暮
   自動車教習所の踏切やあきのくれ

※「あきのくれ」とひらがなにすることで、景の抽象性が高まったというか、
教習所と、あきのくれが別次元のものであるとことが強調されたような気がします。
単に漢字を減らしただけかもしれませんが。

   週刊誌丸め握るや鳳仙花
   週刊誌丸め握りや鳳仙花

※『澤 2007/4月号』には〈秋桜の食み出し咲きや葱畑〉という句がありました。
「動詞の名詞化+や」。同じ号に〈おでん鍋はんぺん浮くや沈めても〉という句もあり、「動詞+や」がNGということではないようですが、
動きがテーマでないのなら、「名詞化」してしまったほうが、凝集力が強くなる、ということでしょうか。
〈握りぬ〉→〈握るや〉→〈握りや〉の順で、切れが強くなる、という印象もあります。〈ソーセージころがし焼きや花木槿〉

   やまめの身朱の点さだか煮たれども
   やまめの身朱の点しるし煮たれども

※この変化は、むずかしいです。「さだか」と「しるし」の、音韻をふくめてのニュアンスの違い、
「しるし」と活用語でうけたほうが、上五中七のつながりが密になる、といった印象はあるのですが。

   君も飲め柳散りある宗祇水
   柳散る宗祇水なり君も飲め

※「散る」がいっしゅん終止形に見えて三段切れっぽくなるので、凝集力という意味では、先型のほうが勝っている気もするのですが、
「散りある」という言い方の「動きのなさ」が解消されて、改稿後のかたちのほうが、「宗祇水」が美味しそうになっています。

   長汀の白はるかまで冬の暮
   長汀のはるかまで白冬のくれ

※切れの位置のあいまいさが(というほどのあいまいさではないのですが)解消されています。
また「はるかまで白」と、答えをうしろで言ってもらった方が、視線が遠くまでいくような気がします。
さらに言えば「くれ」というほうが遠くの方が暮れているかんじ?

   末枯や擦傷の佳き腕時計
   末枯や座するにはづし腕時計

※これは、別の句ですね。

   防弾チョッキ下にネクタイ巡査秋
   防弾チョッキに紺ネクタイや巡査秋

※「下に」が説明的だったのか、上五中七をしっかり固めて、その下できっちり切ることが必要だったのか。
どちらにしても上が切れたことで「巡査秋」の、ぶつかり具合がより、強くなった気がします。
…これは、前の形も、好きだったなあ。

   原稿の屑燃やしたる暖炉かな
   原稿の屑燃やしある暖炉かな(前書「伊丹に田辺聖子さんをたづぬ」)

※前書の状況なら、あとの形でしかありえないのですが、なんで『俳句界』では、前書つかなかったんだろ。

   人形の正面はるか見る寒さ
   人形の正面見やる寒さかな

※「はるか」は「長汀」の句もあるし、ということでしょうか。
前の形の不安定さが、好きだったのですが、でも「人形」に「はるか」で、詩っぽく甘くなることを、嫌気されたのかもしれません。

   鰭酒の炎淡しやほとんど無し
   鰭酒の炎あはしや消えである

※これは、甲乙つけがたい二形であると思われるのですが、どうでしょう。
〈ほとんど無し〉という言い方は、たしかに潔くないのかもしれませんが、〈消えである〉は〈炎あはし〉の繰り返しのようにも思われ。
〈消えである〉には、小さな幅の時間がしのびこんでいる面白さがありますが、〈ほとんど無し〉のぶったぎりのような認識も、そうとう面白いです。

   紅葉冷像の芯までとどきけり
   むすびたるくちびる勁し紅葉冷

※これも、別の句。

   冬服や岩大いなる河原行く
   冬服や河原岩々おほいなる

※「行く」が、不要の動詞という判断でしょうか、冬服は、ただ点景としていてくれればいいという。
いや、ともかく「河原岩々」という言い方は、なににも替えがたいほど面白いです。

   天蚕の繭をもぎたり枯の中
   枯木立天蚕の繭をもぎにけり

※別の句です。

以上です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ふふふ
小澤さんは、信治さんみたいな誰かに「こうされる」ことを楽しみにしてやったのかもしれないな、と思いました。
たしか鷹羽狩行さんも推敲派ですよね。
そして信治さんも、そうですよね。
2007/06/23(土) 07:29:27 | URL | あやか #k12f31x.[ 編集]
どっちが最終形と
いうわけでも、ないのかも、しれないですよね。
小澤さんは、淡交社から出した入門書(「おとなの愉しみ 俳句入門」)の中で、

「俳人の頭の中には五七五がそのままの形で降りてくると思っている人がいるようですが、そんなふうに句ができたことは一度もありません。
私の場合、頭に浮かんだ一つの言葉から始まり、そこから連想された言葉をひっくり返したりしながらようやく五七五にまとめていきます。
最初の言葉が上五に入るか中七に入るか下五に入るか、自分自身最後までわかりません」

と語られていて、推敲派としては(自分が名乗るのはおこがましいけどさ)意を強くしました。
2007/06/24(日) 11:01:59 | URL | 信治 #tl9rY.2.[ 編集]
小澤實調と澤調
比較、おもしろかったです。

ニュアンスですが
総合誌の方が「小澤實調」で
澤誌の方が「澤調」ですね。

角川「俳句」の3月号(だったかな)での発表作、
「ころがし焼き」とか、合評鼎談で話題になったやつ。
あれは、総合誌なのに、小澤實調ではなく
澤調だったのが、ああした反響につながったのかなと。われわれ弟子たちも、「おお、「澤」じゃん!」て思いましたもん。
小澤實調だったら、「いやあ、小澤さんらしいですね」とかで収まるのだろうと思うのだけど、「やりたい放題」みたいな印象になるあたりが…「澤」は小澤實がやりたいことをやるために、「やりたい放題」するためにできた場ですから。それを総合誌の場でもやりはじめた、とも言えるかもしれませんね。
2007/07/12(木) 00:15:51 | URL | さる #-[ 編集]
補足
↑まあ、これは「内部」の人間の印象で、
じっさいは、小澤實は進化している!
と言ったほうがかっこいいな。
2007/07/12(木) 00:33:48 | URL | さる #-[ 編集]
なんかね
みんな、自分にとって、そのとき、水が甘いと感じられるほうに、進んでいくんだと思うんですよ。

原生動物が、自分の好きな環境のほうへ、環境のほうへ、スイッチが入ってうごいていくみたいに。

で、それを進化といえるのは、さるまるさんの、小澤さんへの信頼だと思うんです。
はたからは、どっちへ向って動いているのか、よく分らない。
(あらかじめある「良し悪し」に照らして動くような人は、作家じゃないから)
で、せめて、その人が、何を甘いと感じているのかを、うかがい知ることができればな、と。

そう思って、こんな、試みを。
2007/08/10(金) 09:40:34 | URL | 信治 #tl9rY.2.[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。