胃のかたち
上田信治による俳句研究。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かたつむり
かたつむり甲斐も信濃も雨の中 飯田龍太



この句が、龍太で一番好きだと言ったら、
さる俳人に「雨で、かたつむりで?」と言われた。(つきすぎでしょうの意)

......。
むしろ「かたつむり」と「雨」は一体であり、
そのなかに「甲斐」と「信濃」という抽象が浮かんでいる。
これは、そういう句なのではないかと思った。

「かたつむり」の位置に別のもの、たとえば植物などがあったとしたら、
まず句中にその植物を見ている視点が生まれ、
風景全体が、その視点から見た構図におさまってしまう。

つまり絵葉書めく。

この句によって得られる経験とは、
「かたつむり」と一体化し「雨」と一体化することで、

小(身体)→中(概念)→大(   )

と、ぐわわわわーと空間がひろがっていく感覚である。

その同心円状の小宇宙は、まさに
「雨」の真ん真ん中に「かたつむり」がいることで生まれている。

と、これだけ考えて(すでに感じていたことを自分に説明して)、
「つきすぎ」ていて、よいのだと納得した次第。

ふー。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。