胃のかたち
上田信治による俳句研究。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/2/10
京都にいました。

  春宵を駆ける舞妓を見たりけり   信治

全力で走ってました。

いや、ほんとに見たって、だけなんですけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おもしろと思います。季語の効きも妙かと。
舞妓、、、いいですねえ。

雪つぶて舞妓に投げられて笑ふ
2006/02/11(土) 19:17:13 | URL | 竹雪 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。