胃のかたち
上田信治による俳句研究。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
写真と俳句
その1
トークイベントのようなもので、佐内正史が自分の写真について、珍しく、長く話しているのを聞いたことがある。
マンガ家のさそうあきらが「この写真は、どうしてこれを選んだんですか」と質問し、それに答えて「電柱のここに何か書いてあってー、ビルのここに丸いのがいっぱいあるのが、よかったんでー」というようなことを言っていた。

よい理由だ、と思った。

その2
2/20の天気さんの日記で思い出して、web草思の鬼海弘雄の連載を読み返していたら
あ、この写真、自分見てた! と驚いた。
http://web.soshisha.com/htm/polka/kikai7_1.html


  ワゴン車が三台とまり猫柳  信治
というのを、何日か前に作って、我ながらなんじゃこれは、と思っていたのです。
この写真のこと、忘れてました。人間の記憶というものは、なにをしでかすやら。

だいたい「猫柳」…て、君。ここは「四葩咲く」でしょう(笑)

その3
ふつうにいい景色の写真、というのがあるでしょう。桜や、紅葉や、富士山や、田園を撮った、カレンダーになりそうな写真。ちょっと増感してあるような。

自分としては若者らしく、カレンダー写真のような俳句ではなくて、佐内正史の写真のような俳句がいいな、と思っていたわけですが。

よく考えると、カレンダー写真のような俳句も作るとなると、なかなか難しいですね。「まさをなる空よりしだれざくらかな 富安風生」みたいのができたら、そりゃ立派だな、と。「雪の上の大きな影は椿の樹 岸本尚毅」とか。

先日、「里」東京句会で、出会った句。

  紅白の東京タワー風光る  宮崎二健

こんなカレンダーだったら、いい、と思いました。3月は、この写真で決定。

天気さんブログ
http://tenki00.exblog.jp/d2006-02-20
鬼海弘雄さん・連載
http://web.soshisha.com/archives/polka/index.php
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
東京タワー
吟行、しましょうか。
じつはまだのぼったことないので・・・
2006/02/26(日) 06:55:06 | URL | あやか #NpCq7FQQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。