胃のかたち
上田信治による俳句研究。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/4/3
俳句の朗読をしてきました。そのことについて、まず、書きたいところなんですが、それは、ちょっと後日にいたします。(ばたばた)

人間の、モチーフとその開発について、考えさせる文章を、たまたま続けて読みました。

夏目房之介ブログ「ひさびさに書の会」
http://www.ringolab.com/note/natsume2/archives/
保坂和志web草思連載「『考え続ける』という意志」
http://web.soshisha.com/archives/life/2006_0330.php

保坂和志は「あぶさん」の景浦が50代でまだプロ野球の現役選手であることに触れて、「囲碁や将棋でDH制とか代打のひと振りみたいなことが可能だったら、棋士のピークはもっとずっと延ばせるだろう。」と、書いています。

俳句はまさに、景浦や岩田鉄五郎みたいな人ばかりの世界だと思った。
一振り稼業ですからね。


「にょほほほ~~~~~~~」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
せ、せんぱい、
だいじょうぶでげすか。?。
2006/04/03(月) 21:19:17 | URL | あやか #NpCq7FQQ[ 編集]
知らないよな、君らは
野球狂の唄の、岩田鉄五郎の、にょほほ~~~
っていうの。
2006/04/03(月) 21:38:21 | URL | 信治 #tl9rY.2.[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。