胃のかたち
上田信治による俳句研究。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フリーライダー
先日、さる結社の句会におジャマしてきた。芝不器男賞のパーティーで、知り合った皆さんに誘っていただいたのだ。アホな句が出せて、よい句が読めて楽しかった。若い方が多かった。「みんなで、角川俳句賞出そうね」と言い合って別れました。記念に、当日のダメ句を一句、あげときます。

   春の服着て弱さうな男たち  信治

さて、そちらでは、たいへん温かく迎えていただいたのだが。
外部の人間が句会に参加することを、フリーライダー(只乗り者)として、嫌う結社は多いだろう。その場の富は、集団に対する帰属と引き替えだよ、という感覚。だいいち、入らなそうな人は、呼んでもらえないですよね。

しかし、その日は、こっぱずかしい言葉ですが、「同時代感覚」のようなものを感じて、たいへん面白かった。けっこう、みんなうっすら同じようなこと考えてない? と思った。その感覚を、もって歩くことは、どちらさんにとっても悪いことではないはずで。

嫌われてもいいから、なるべく、あちこち、ウロチョロしたいものだと思った次第。(そのうち、イージーライダーみたいに、撃たれる)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あれ? 嫌うんですか?
温かく迎えてもらえますよ。もちろんそんなにたくさん経験はありませんが。

結社によっては「よそ行っちゃダメ」という空気があるというのは聞いたことありますが、子どもじゃねえんだから。

私も、ウロチョロするところ、探そうと思いました。どこかおもしろいところ、ありますか?
2006/04/12(水) 21:51:29 | URL | てんき #ew5YwdUc[ 編集]
う…ん、
私の知る限り、本当に楽しくうろちょろさせてくれる結社は、一つもない。
1回目だけお邪魔したぐらいなら歓迎してくれるけど、「この人は結社に入りたいというより、本気で句会を楽しみたいんだ」という気持が微量でも伝わったら、とたんに居心地悪くなるのが普通ですね。
2006/04/12(水) 23:08:33 | URL | ミ(凶暴なる三毛猫の母) #HK80fyCU[ 編集]
まずは、
瀬踏みですね。撃たれてもいい覚悟で。一方的な只乗りではなく、お互い様になれるといいんですが。
2006/04/13(木) 00:08:21 | URL | 信治 #tl9rY.2.[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。