胃のかたち
上田信治による俳句研究。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「現代人により近い感性が新しい」
『俳句研究』2006.7月号「今月のことば抄」より
「『何が新しいか』といふ難問には『現代人により近い感性が新しい』と私は私流に答へたい。俳句はいつの時代も新しくなければならない。従ってその時代人の情感に最も近いところから詠ひ上ぐべきである。」西東三鬼(『現代俳句』昭21.10)---宇多喜代子氏の引用による。

この三鬼を能天気と見るか。
三鬼も、それが棒玉であることは承知の上での「私流」だろう。

それで思い出したのが、『俳句研究』2004.11月号「俳句研究賞選考座談会」。
「いまは五十歳の人でも七掛けと言われるので三十五歳になってしまうわけで(略)芭蕉が四十歳台で翁と言われた時代と比較すると成熟度が遅いんじゃないかな。だから、五十歳くらいでもけっこう可愛らしい句を作ってみたりします(略)海外の女性が『日本人はなぜあんなに幼いんだろう』というそうです。俳句も、世間的には十分成熟しているはずの人たちがまだ稚ないところをなぞっている(略)それをどう太らせたり、襞の深いものにしていくか」中原道夫氏の発言より。

別に、外人女の言うこととか、気にしなくてもいいのに。いや、そういうことじゃ、ないですね。はじめて読んだときは、ムムム、抑圧的な発言と思ったのだが、読み返してみると、俳壇全体に対する苛立ちとも、氏が自分に言ってるとも、とれる。

『俳句研究』1981.1月号 
「<晴れ間細し油障子の中の恋> 一と口に言って達者な句だが、作者はもう二十三歳、当り前なのかも知れない。ほかにもマトをはずさないウマイ句がいくつも目についた。しかし、年齢的に言って、これからが一番むずかしい時期にさしかかる。おとなの俳句を書かねばならなくなるからだ」三橋敏雄、小林恭二作品に対する評文。(単行本「青春俳句講座」小澤實氏の引用による)

恭二の「二十三歳」にして「達者な句」を、いかにもワカモノの俳句だねえと、はげましているのか、からかっているのか、ともかく、敏雄の言う「おとなの俳句」が、「マトをはずさないウマイ句」とはまったく別次元にあることは、確かのようだ。

天気さんブログ 2006.6.2記事「『私は俳句である』」
「作者が、みずからの個性などに思いをはせる必要はない。(略)百面相で変な顔をいろいろ作ってみることはできるが、俳句で、自分の顔をいろいろ作ることは、どうやら不可能に近い。(略)当たり前のことだが、「作れる句しか作れない」」http://tenki00.exblog.jp/m2006-06-01/#3165892

だって自分をフィルターとして俳句「が」書くんだから、というわけで、天気さんはいつも明快である。

自分は?
自分は、別に下手なだけで、幼いと思ってないモン。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
最後の一行におおいに笑ったv-17ゾ。
下手な句が好きなのかなァ。
でね、大人っぽい(老けてる?)って言われつづけてきたんだよね、私。
2006/06/20(火) 10:49:51 | URL | nosonoso #/9hBKkrU[ 編集]
>ともかく、敏雄の言う「おとなの俳句」が、「マトをはずさないウマイ句」とはまったく別次元にあることは、確かのようだ。

うん。ぎゃぁ。

『現代人により近い感性が新しい』を言ってはいけない〈年齢〉〈ステータス〉がある気も。
2006/06/20(火) 22:38:17 | URL | あやか #NpCq7FQQ[ 編集]
>sonoさま
「大人っぽい」って、リアルnosonosoさんが、ですよね。あ、句のほう?

まじめなはなし、心の成熟度って、じつは、人によって、ものすごく違うのかも、しれないですね。

くだらなーい強盗殺人とか起こす人がいて、ああいう人が、心の偏差値10くらいとしたら、いっぽうに、偏差値90くらいの人もいるんだったりして(それは、未確認ですが、くだらない犯人とおなじくらい、ふつうに生息しているのです、きっと)。

で、もし、その両者の間に人間が正規分布してると、するとですよ………それは、すごい差です。でも、こどもには、おとなと自分の差が分からないから、みんな自分と同じだと思ってるの。ひえー。

あと、よく、小さいうちは、女の子のほうが成長早いっていうじゃないですか。じつは、その差というのは縮まらなくて、生涯かけて、開いていくんだったりして、とか思ったり…。

ああ、生きてくって、怖い。v-35
2006/06/20(火) 23:13:39 | URL | 信治 #tl9rY.2.[ 編集]
>アヤカさま
「言ってはいけない」年齢・ステイタスって、なんだろう。

金子兜太センセイがそれを言ったら、もう、どこから突っ込んでいいか、わからない、ということ?
2006/06/20(火) 23:26:19 | URL | 信治 #tl9rY.2.[ 編集]
たしかにとーた先生もそうですが、どちらかと言えば、言うと必要以上に浅はかに聞こえる人はだめじゃないかなぁ・・・と。

例えば、うーん、私とか?ガクセーとか。君に言われたくない!みたいな。
2006/06/20(火) 23:37:07 | URL | あやか #NpCq7FQQ[ 編集]
>私とか

君かw。

あ、でも、だいたい口で言う事じゃないですよね。作品で示せばいいことなわけですが。
それでも、時代の正統は我が陣営にあり、と、三鬼は言いたかったんでしょうね。
2006/06/21(水) 00:47:05 | URL | 信治 #tl9rY.2.[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。