胃のかたち
上田信治による俳句研究。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俳句について書くこと、について
俳句は、あたりまえに一人数役やるものと思い、自分としては、前座が太鼓を叩くようなつもりで書いてますが。(いや、まずいたとえだな、これはw)

「多くの人に読まれ、多様な読者の体験が語られることによって、作品は発表後も変化し続けるはずである。」と、中村安伸さんが、簡潔に言われているように、俳句の「読み」について書くことは、たいへん生産的なことだと思われますし。

田島健一さん橋本直さんの言われる「全体を語ることで、俳句を語る」「俳句界を包含しうる俳句批評」は、今は、まだ端緒についたところでしょうが、そこから、何かイカシタ方法論が生まれるやも、と楽しみです。(C・グリーンバーグというアメリカの美術批評家は、「平面性」こそ現代絵画が目指すべきものであると主張して、抽象表現主義以後の美術運動を主導したとか、しなかったとか)

平面性といえば、天気さんの「表面俳句」(または「表層俳句」)。(こちらこちら
引用された「エリックのばかばかばかと桜降る 太田うさぎ」という句とともに、忘れ難いです。論がいらない「名付け」の力。

「名付け」ることは、何かについて書くことの、いちばん生産的な部分かもしれません。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
表層俳句
ひざびさにのぞかせていただきました。
表層俳句、に共感、というか、
俳句の魅力は表層にとどまること、だと思ってます。俳句の快楽、と言ってもいいかも。
ずいぶん前に澤にもちらっと書きました(遠藤ミチロウ全歌詞集の書評の中で)。
いわゆる「即物性」とも通じますね。
2006/08/24(木) 23:39:29 | URL | さるまる #-[ 編集]
あたしがレスしていいのかどうか
さるまるさん、こんにちは。
いつぞやは新宿区某所で失礼いたしました。
表面主義者は、少なくとも2名、現存するということで嬉しいです。

表面主義についてはまた書きたいのですが、書きようにむずかしいところがあります。

記憶の隅に引っかかっているのが瀧口修造。本の棚か堆積から、そのうち引っ張り出してみます。

さるまるさんのその記事、拝読できる手だてがあるなら、教えてください。
2006/08/26(土) 12:38:59 | URL | てんき #iZL8muj2[ 編集]
あっ
さるまるさん、コメントいただいていたのに、失礼致しました。気づいていたのですが、表面主義について、あらためて考えてしまっていたのです。

2006/08/28(月) 03:32:51 | URL | 信治 #tl9rY.2.[ 編集]
瀧口
てんきさま
ごぶさたしております。
記事コピーしてお送りしますよ。
たいしたこと書いてませんが。
瀧口、読んでません。
読んでみたいと思ってました。いやほんとです。
瀧口、たくさん切り口あると思いますが
どれでくるか、たのしみであります。

ちなみに、ロラン・バルトなんかがかなり楽天的に俳句、ほめてくれてるじゃないですか。ああいうのはどうですか。
2006/08/29(火) 01:36:49 | URL | さる #-[ 編集]
信治さん家の軒先で、すみません
さるまるさん、ありがとうございます。
送り先は、mixiをたどればお伝えできそうです。

バルトの俳句への言及。閃光、みたいな比喩でしたっけ、たしか。一瞬の。前後に何もない?
勘のいい把握と思います。いまになって思えば。

ただ、「表徴の(記号の)帝国」は、「日本」という「彼方のテキスト」へのバルトの恋文だと、私は捉えています(書物の最初と最後に舟木一夫の顔があるのは、まちがいなく、カミングアウトですよね)。あの本にある「日本の事実」は事実ではなく、恋の錯覚の中の陽炎のようなもの。批評として読むのもちょっと違う気がしています(その意味でバルトの著作のなかでもかなり異色?)。

だから、バルトの俳句への言及から何かに展開させるのはあまり良いやり方ではないだろうと…。
キャッチフレーズ的な引用はアリですが。
( )にフランス語を入れたりして(トニー谷主義的には)。

そんなよもやま話で失礼しました。
2006/08/29(火) 02:25:34 | URL | 天気 #iZL8muj2[ 編集]
家主に怒られるまで、続けますか
てんきさま
発送、ちょっと遅れます(いま探しております)。
いましばらくお待ち下さいませ(ってもったいぶるほどのものではないですが)。

バルトの表徴の帝国、おっしゃるとおり、この本の「日本」はNowhere Landですね。西欧批判としての。バルトも冒頭で述べてましたが。

でも、バルトおじさまから俳句に対するあんな「恋文」を書かれたら、ぼくのようなうぶなハイジンは、もうイチコロです(^^)
2006/09/01(金) 01:34:04 | URL | さるまる #-[ 編集]
こんなところにハッテン場が
気づいてなかったw

バルトは、僕も、いい人だと思ってました。
2006/09/08(金) 02:25:50 | URL | 信治 #tl9rY.2.[ 編集]
はい
悪い人じゃないと思ってます。

さるまるさん。怒られる前にやめるべきです。
この話題はまた(と言って「また」があったためしがない)
2006/09/08(金) 20:42:29 | URL | てんき #iZL8muj2[ 編集]
しつれいしました
てんきさん
よもやま話、たのしいです。つい長居してしまって。しつれいいたしました。

しんじさん
どうもすみません。
先週お会いできず残念でした。
2006/09/10(日) 00:31:16 | URL | さるまる #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。