胃のかたち
上田信治による俳句研究。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生存報告3
いや、もう、ほんとにもう、の9月では、あった。

リアルタイムで見ていてくださった方には、とんだムイカノアヤメでございましょうが、いちおう話の続きをしてしまいます。

(あらすじ)「季語の根拠は、俳句というゲームのルールであることだ」と言ったら、「読者」にとって俳句はゲームだろうか、と問う人が現れた。ユースケだ。(前記事「生存報告2」のコメントご参照ください)

読者は、なにをどう読もうと勝手だから、俳句を、ゲームとしてではなく読むのは、当然ありうる行為だ。自分も、季語が分らない句は、読み切れず、飛ばしてしまうことが多いし。

しかし、俳句にはコード(暗号解読規則)がある。作者も読者も、それを知っていることになっている前提、季語とか切れとか配合とか先行作品とかを含んで、俳句はある。篠原梵は、そういうものを「俳句病」といって毛嫌いしていたそうだが、しかし。

言ってしまえば、作者と読者が、作品をはさんで、それぞれのコードを照らし合うようにするのが、俳句を書く/読むということなんじゃあないか。ワカリマスカ、ワカリマス、という確認し合い。連綿と続くコードをはさんだお遊びだ。もちろん、そこで終るわけではなく、その先にまた、芭蕉以来の全てのお楽しみがあるわけですが。

前提が、近代的な文学意識のない時代の、詩歌の伝統から生まれたものなんだから、俳句はまぬがれがたくゲームっぽい。もし俳句に、いわゆる文学から見て、おかしなところ恥ずかしいところがあっても、別にいいじゃんと思うのだ。(ところで、現代短歌は、あまりゲームっぽくない。「ゲーム」の反対語は「自己表現」なんだな、きっと)。

自分が書くときは、純粋読者であったころの自分も面白がれるように、わりと単純なコードだけ使って書くことが、多いです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
補足
コードの照らし合いって、お茶っぽいですね。

あと、コードの内の、何を美とし何を良い趣味とするかに関する規則を強く問うことで、俳句はほとんど「文学」といっても、よいようなものになっていったのでは、ないでしょうか。
2006/09/26(火) 18:32:02 | URL | 信治 #tl9rY.2.[ 編集]
おおお、
>「ゲーム」の反対語は「自己表現」なんだな、きっと

ああ、なるほどと思いつつ。


つまり、「ゲームとして俳句を読む」という人たちと「ゲームとして俳句を読まない」人たちがいるわけで、前者が俳句の読みの「本道」なんじゃないかということですよね。

そういうことだとして前者について考えを進めるとすると、僕は、たとえば句会のような場面について「ゲーム」というときのゲームの意味合いと、俳句を読むという場面について「ゲーム」というときのゲームの意味合いとは、かなり違うんじゃないかという気がするんですよね。

もっとはっきりと言えば、俳句を読む場面でのテクニカルな問題については「ゲーム」という表現は適切ではないのではないか。(適切適切とうるさくてすみません)

それは「俳句=ゲーム」というのを大前提に据えた上で、状況のほうを理論に引っ張り込んだ言い方なのではないか、と。
2006/09/26(火) 22:10:02 | URL | ユースケ #v14okzU2[ 編集]
ちょっくら
北海道行ってきますm(__)m
2006/09/26(火) 22:10:40 | URL | ユースケ #v14okzU2[ 編集]
ううう。
ううう、この噛み合わなさを、見通す視点は、なんだろう。

俳句を「ゲーム」と言われることが、ユースケ君の何かを傷つけるから、こう絡んでくるんだよね? ユースケ君の考える「俳句とは○○である」という考えは、ゲーム性と相容れないものなのだろうか? モチーフが見えない。ぼくが「俳句はゲーム」と言うとき、それは「俳句は文学(であってそれ以外ではない)」という立場のアンチとして言っているところもあるんだけど。ユースケ君は、俳句は文学であって、それ以外ではないと思ってる人? 

要するに、何が気に入らないのだろう?

ユースケ君は「適切じゃない」というわけなんだが、問題は、それによって、何が損なわれるかだ。

(それ抜きで、ただ絡んできてるんだとしたら、ちょっと、アレだと思う)

>前者が俳句の読みの「本道」なんじゃないかということですよね。

「本道」「邪道」という軸はぜんぜん意識してないです。どういう読まれ方でも、読者に、よく読まれ、喜んでもらえれば、作者としてこんなに嬉しいことはない。よしんば読者が、よく読まず喜んでくれなくても、不幸な関係であったと思うだけ。

言いたいのは、「俳句はゲームとして書かれ/読まれする」と考えると俳句の諸性質を理解しやすい、これにつきます。

繰り返しになるけど、俳句を読み/書く関係には、他の言語表現と比べて際だったゲーム性がある。ひとつにそれは、連歌式目から発生したルールの内部に俳句はあるということであり、またひとつには、歌合わせから俳諧連中、近代結社と受けつがれてきた、場があっての表現という特殊性だ。そしてその場は、読み/書きのコードを共通とすることによって、成立している。

>たとえば句会のような場面について「ゲーム」というときのゲームの意味合いと、俳句を読むという場面について「ゲーム」というときのゲームの意味合いとは、かなり違うんじゃないかという気がするんですよね。

句会みたいじゃなく、俳句を読むことはできるよ、もちろん。たとえば近代的読者のように読むことはできる。でも、それは、僕が上で言うような、俳句のゲーム性と、両立しないものではないと思うんだけど。>句会のような場面での「ゲーム」って、競技性ってこと? それは、ぼくはぜんぜん重要視してないな。

>もっとはっきりと言えば、俳句を読む場面でのテクニカルな問題については「ゲーム」という表現は適切ではないのではないか。
俳句を読む場面でのテクニカルな問題、はよくわかりませんでした。
前も電話で言ったけど、不適切な言葉使いを指摘してくれるのは、けっこうだけど、あなたの言いたいことも展開してくれないと(この場合、ことは俳句観にわたってきたので、ユースケ君における俳句とは何か、だよね)応答していて虚しいんですが。

もういっぺん聞くけど、いったい何が気に入らないのでしょう?
2006/09/27(水) 02:02:18 | URL | 信治 #tl9rY.2.[ 編集]
ゲーム
↑とはあまり関係なく感想を。

>前提が、近代的な文学意識のない時代の、詩歌の伝統から生まれたものなんだから、俳句はまぬがれがたくゲームっぽい。

たしかに。短詩型、とか言われるこの手の日本文学を、伝統らしく繋いできたのは間違いなく「ゲーム(遊戯)性」だと思います。
(ただしだいたいいつの時代も、それを自己表現として独立させたがる。)

>あと、コードの内の、何を美とし何を良い趣味とするかに関する規則を強く問うことで、俳句はほとんど「文学」といっても、よいようなものになっていったのでは、ないでしょうか。

うんうん。点をとりたい!誰かに見てほしい!というのは、一見ゲーム臭いけど、紛れもない自己表現願望であって、それは実はゲーム性とは対極にあるんじゃないか。
ゲーム性の髄にあるのが「問い」で、しかも文学性かも。一方、自己表現を突き詰めると標語的「答え」を呈すのでは。
などと思いました。
2006/09/28(木) 15:44:12 | URL | あやか #fYdA4Rtg[ 編集]
あ、わかりました!
>「俳句はゲームとして書かれ/読まれする」と考えると俳句の諸性質を理解しやすい

ということだったんですよね。

「と考えると俳句の諸性質を理解しやすい」というのが議論の前提になっているのを、ちゃんと理解してませんでした(僕のブログに応えてもらっておきながら)。「August 25, 2006 17:10」の信治さんの書き込みでも「俳句のゲームとしての性質をないことにすると、多くのことが説明しにくくなる」とおっしゃってましたね。早とちりしてすみません。
2006/10/01(日) 01:47:51 | URL | ユースケ #v14okzU2[ 編集]
一応、
「俳句を読む場面でのテクニカルな問題」というのは、「俳句を読むにあたってコードが必要になること」でした。わかりにくくてすみません。

「ユースケ君における俳句とは何か」については近々書いてみますね。
2006/10/01(日) 01:51:30 | URL | ユースケ #v14okzU2[ 編集]
有意義だった気がしてきました
>ユースケさま
わかって、もらえましたか。そこが、わかってもらえれば、別に俳句観なんて、恥ずかしいものを開陳してもらう必要はないのです。自分のいったことの、どこかに、人を怒らせるところがあったのか、というのが、気になっただけでね。

>アヤカさま >ゲーム性の髄にあるのが「問い」で、しかも文学性かも。
その問いは、コードとしての「美意識」(という言葉を使わなきゃ、しょーがない)が、つねに書き換えを要求される、という意味での問い、ですね。

だから、お茶と俳句って、そうとう似てるよなー、と思うんですよ。

2006/10/01(日) 23:06:05 | URL | 信治 #tl9rY.2.[ 編集]
たしかに、
お茶しながら人に話して、自分の意見に納得してる自分がいたり。

うむ。しんじさん、またお茶と俳句で書いてください。
2006/10/02(月) 17:02:22 | URL | アヤカ #fYdA4Rtg[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。